世界で一番美しい病気

啐啄同時、を感じる時がある。

結構好きな四字熟語かもしれない。

そういうときは、感動や嬉しさを覚えるものだ。

私が感じているのは師と弟という関係に拘らないので、元来の意味とは微妙にずれているのかもしれないのだが、その辺は悪しからず。

 

それを感じて、中島らもという作家の、とあるエッセイを思い出した。

 

明確にそれについて書かれた文章ではなかったのだけど、らも氏は、

「そいつはいつも、まったく何の予兆もなくいきなりやってくる。そしてアッと思ったときはもう遅い。」

と書いていた。

感覚として似ている、と思った。

気付いた時には絶妙なタイミングでそうなっているのだ。

 

そして「それ以外のときは僕は一個の闇であり、一個の不在でしかない」らしい。

彼のこういう表現が好きだなと思う。

 

らも氏のエッセイは、こういう表現として素敵なものもあるのだが、とんでもなくくだらない話や、真剣なのか何なのかわからないQ&Aなどもある。

 

飲み会は嫌いじゃないのに、上司が飲みの場でセクハラをしてくるのが嫌、どうしたらいいでしょう。

みたいな質問に対して、

ゲロを吐くといいです。課長の膝に寝転がって甘えるふりをしてブチまけましょう。

のような回答をしていたりする。

 

ふふふ、それは名案だ、私ももしそうなったらそうしてやろうと思った。

 

なるほど、そういう表現ができるのか、そんなアイデアがあったのか、と驚きを感じるので、彼の本は結構好きだ。

私は大概、そういう本とか漫画とか音楽とかが好きな傾向にある。

 

人間も同じだろう。自分と違う表現をしていて、でも「なるほど、それは良い。その手があったか」と感じることができるような人と居たいなと思う。