私の普通

「私にとって、私は普通です。」

とても好きな作品の、好きな言葉だ。

これは主人公が両親に対して放った言葉で、彼女の「普通」によって、彼女は両親を刺して殺してしまう。

恨みとかでは全くなくて、なるほど自然だなと思えるから、いいなと思った(もちろんフィクションとして)。

 

自分が経験したこと、感じたことが普通。それはそうだろうと思う。

周りと感覚がずれていても、仕方がない。自分というフィルタを通してしか世界を見ることはできないのだから。

そういうのを個性というみたいだ。

 

人と話をしていたら、発達障害的な話題になって、私も小さい時はちょっと不注意でおかしかったんだよねぇ、と振り返った。

具体的エピソードを話したら「それはちょっとどころでは無いな」という感想をもらった。ビックリである。

 

小学生の頃、考え事をして歩いていると、何かにぶつかることがあった。鉄のポールみたいのとかそういうのである。

一番派手にぶつけた時の傷跡が、今でも目の下に小さく残っている。

顔に傷ができるのはショックだったので、それ以来歩く時は気をつけるようになった。

 

あと、家で宿題をやっていた時に、ふと鉛筆を耳に刺したことがある。

今ではなんでそんなことを、と思う。鉛筆が飛んで、偶然耳に刺さりました、なんてことがあるだろうか。まぁ、無いだろう。

だから、あまり覚えていないけど、おそらく自分の意思で刺したんだと思う。

反対側に貫通するのではないかというのを試したかったのかなと想像するが、真相はわからない。

それなりに深く、ぐっさりと刺してしまったみたいで、血が出た。

血を見て、「ヤバイ、お母さんに怒られる」的なことを思った。

それで、鉛筆を拭いて、黙って放っておくことにした。

その日の夜、お風呂に入ったら血が出てきてしまって、慌ててタオルで拭いた。

その血が付着したタオルを発見されてしまい、バレた。

結果的にめちゃくちゃ怒られて、病院に連れていかれた。

病院の先生曰く、「もうちょっとで鼓膜が切れるとこだった」らしい。なんて危ないんだ。

「鼓膜が切れる」という表現が気に入ったので、次の日学校で一部始終を友人に話したのを覚えてるけど、きっとドン引きだったんだろうな。

 

今は大人だし、大人になるにつれて色々と学習したので、上に書いたようなことはもうしない。

でもどうやら一般的な人は、小さい頃であっても物にぶつかったりしないみたいだし、そういう危ないことを試したことも無いみたいだ。

私の普通は、一般的ではなかった。

まぁでも、そういうことも、あるよね。

世界を救う

面接でやりたいことを聞かれた時に、「世界を平和にしたい」と答えた人の話を聞いた。

その人はそのために色々と努力をしているみたいで、凄いなって思った。伝聞だから本当のことかどうかは分からないけど、本当で、本気だったらいいなと思った。

 

どういう人になりたいかをイメージしたらやりたいことも見つかる、という話を聞いて、なんとなく色々と思い出した。

 

例えば女の子がいたとして、誰かとの子どもができてしまって。でもその相手は責任を取ってくれることも無く、何処かへ消えてしまいました。

みたいなのは嫌だと思う。

お金を渡して、はいさようなら、というのもどうかと思う(無いよりましではある)。

ボーイズオンザランという漫画があって、そういう話が載っているのだけれど、ほんとに腹立たしくなってくる。

相手の男を殴ってやる、って彼氏でも無い主人公が、女の子のために謎に挑んで戦うんだけど、なんかいいなって思っていた。

 

現実問題として、結局女は男に力では勝てないから、無理矢理抗う術もなく、どうしようも無くて、という場合もある。

でも、とにかく、未来にあるかもしれない幸せのために、仕方がないから自分自身で然るべきことをしてほしい。理不尽さが腹立たしい時もあるとは思うけど、自分で自分を守ることは必要だ。

そういうことは、ちゃんと知るべきだと思ったし、重要だと思った。

 

そんな思いで、会社に入って、社会人になった。

上記は例ではあるけど、そういう重要なサービスを作りたいと思った。そして今、色々内部事情はあるにせよ、それを作っている人間は偉いと思った。

 

誰かを救える人になりたい。それがなりたい自分だと思う。

 

でも面接では、初対面の人に面と向かって言うのが怖かったので多くは言わなかったと思う。

堂々と、世界を平和にしたいという思いを言えるのは、やっぱり凄いことだ。

 

いつか、重要なサービスが作りたいし、重要な時に戦えるようになりたい。

 

まぁでも、フィッシュストーリが世界を救うことだってあるだろうし、そういうのも重要だとは思う。

だから、それはそれでいいなぁと思うから、そういう人も応援したい。

私はたぶんそっち側の人間になりたくて漫画とかを描いていて、でもなりきれていない部分があるのだけど。

とにかく、楽しいものを作ろうとしている人を応援したいと思った。

一瞬の風

半年後くらいに引っ越しをしよう(一人暮らしに戻ろう)かと考えている。

お金と契約上の問題があってすぐには無理なので、半年後かな思った。

 

以前一人暮らしをしていた頃を思い返すと、恋人と会った日は、自宅に帰る時に少し寂しさを感じた。一人でいる時にふと考えたりもした。相手も同じだった。

そこで、寂しくならないように、そしてお金も必要だから、2人で暮らすことを決めた。

 

半年暮らしてみてわかったことは、2つある。

まず、生活を合わせるのは大変だが、上手く分担をすると色々と楽になるということ。これはまぁ他の人の話も鑑みると一般的にそういうものなのだろう。

 

それから、あの寂しい時間は私にとって必要なものだったということ。寂しさを感じる瞬間は、好きな気持ちを確かめることでもあって、素敵な時間だった。

それに気づくことができたのは誰のおかげか、と思うと、それはそれでことが複雑になるので、一旦は考えないことにする。(この件はまた後で考える)

 

とにかく、毎日そこにいると思うと、あまりその人のことを考える必要がなくなった。

昨日もそこにいた。今日もそこにいる。明日もきっとそうだろう、という具合に当たり前が形成された。

自分にとって重要さが少なくなって、「どうでもいい」という感覚に近づいていることを知覚して、本当に残念な気持ちになった。すごく尊敬していたはずなのに。

尊敬とか大切さとか、そういうのが消えてしまうのが嫌だなと思った。

 

今やらなきゃ後悔する気がする、この機を逃したらもう一生できないかもしれない、みたいな感覚が好きだ。

その人との瞬間を大切にして、懸命に何かをしたかった。どうでもいいなんて、思いたくはない。

できればそうやって、一瞬を大切にして生きてみたい。

その感覚を得るためには、人と生活を共にしすぎるのは良くないとわかったし、適切なスパンで期限を決めることが必要だとわかった。

 

半年後に出て行くことを決めることで、この半年間を重要なものにする。

考えが曲がっているのかもしれないけど、そうすることでしかどうしようもなかった。

そういう風に思い始めてから、少し何かが軽くなった気がする。

今日はプログラミングをして、有意義に楽しく時間を使えたと思う。

 

1年間限定の恋人とか友達とか、そういう取り決めをしたら、もしかしたらすごく大切にできるのかもしれないなと、ふと思ったりした。

ちょっと変わった子、あります

即売会に行った。実は夏と冬以外にもあるのである。

 

今回はいつもと違う人と一緒に出展した。

初めて会ったのだけど、関西人のためか(?)なんかすっごく愉快で、びっくりした。

自分より歳上で、いちごのワンピースを着ていて可愛らしい感じだった。そういう風に自分の好きな格好をできる度胸があるのはいいなぁと思った。大切なことを思い出せた。

印刷した本を見て、「こんなに刷ってめっちゃ余ってもうたらどうしましょ、燃やして焼き芋にしますわ」みたいなことを言っていた。

すごいなと思った。私にはそんな楽しい発想はなかった。

(無事完売したので焼き芋はしていない)

 

それから、中高くらいから共に活動をしている悪友にもあった。こちらはいつもの相方だ。

本当にもう、彼女は悪友という言葉がしっくりくる。

彼女も相当変わった人間で、とにかくいつもテンションが高すぎる。私のことをずっとサトシとか呼んでくる。高校生くらいまで髪が短くてボーイッシュだったからなのだけど、その時ベースでしか見てくれない。

「今日は姫コーデなの?!いつからひめ路線になったのwwwウケるぅwwwサトシどこいったwww」

とかそんな調子で毎回からかってくるんである。あれから何年経ったと思ってるんだ。

私に恋人ができたと分かったときにも

「まじでwあり得ないw 絶対彼氏とかできないと思ってたわw あんなに18禁嫌がってたのにwwwやっと18禁解禁したのwww」

などと言われて衝撃を受けた。その表現は……なんてことだ…

 

そんな具合に変わった人間が多いので、作品を楽しむ以外の意味でも、すごく楽しい。イベント以外でもまた遊んでほしい。

友人たちに感謝だ。

正義の味方

旅行をしていたら、地震があって街が真っ暗闇に包まれた。

なかなか無いことだなと思う。

私はなかなか無い面倒ごとに良く遭遇してしまうというか、飛び込んでしまうというか、そういう疫病神体質のように思う。(近くにいない方が良いかもしれない)

 

でも、いつも、だいたい誰かが助けてくれた。有り難いことだ。

今回も、温泉件農家を営む方に泊めていただいたので、しばらく電気は使えなかったけれど、水や食料に困り果てて飢えるというようなことはなかった。

それに友達や同居人(恋人)、会社の先輩が情報提供をしれてくれた。

ありがとう。

 

交通が停止してしばらく帰宅できなくなったので、農家さんで野菜と果物の収穫を手伝った。途中雨が降ったりして大変だったけれど、懸命に収穫した。

りんごは、2日前の台風で落ちたものを拾った。

そしてそれを無料で配布した。

何人かに「あら、もったいない。かわいそうに」と言われた。

たぶん落ちてしまった果物に対して、また農家さんに対してのものだろうと思った。

 

子どもが熱を出したから、りんごをもらえるのは助かる。すり下ろして食べさせてあげられる。など、感謝された。

困っている人の役に立てることが、とても嬉しかった。

 

私がしたかったのはこういうことだったな、と思った。

少なくとも今の私にとっての正義は、それだった。

正義の味方になりたくて、警察官になろうと思って、柔道をしていた時もあった。

こういうことを経験すると、やはり警察とか消防とか自衛隊とか、そういう職業についた方がいいのかなと思わなくもない。それかITにしても、もっとインフラに関わるところの方がいいかな、とか、食料確保のためには農家もありかなとか。

 

自分にできることは何か、生きていると思えるのは何なのか、もう少し考える必要がある。

旅行記③

ラフティングをしたのだが、川へ飛び込んでしまったため、全身がびっしょりになった。

水温は確か15度くらいだった。ぶるぶる。

ウェットスーツのようなものを着ていたのでそんなに酷くはなかったが、手や頭部などからはかなり冷たさを感じた。

ラッコのごとく流された。寒がりなので寒かったけれど、浮遊感がいい感じだった。

誤解の無いように言っておくと、飛び込んだというのは私の身体能力の低さ故とかそういう話ではなく、みんなそうだった。

ラフティングというのは川へ飛び込んで泳ぐ遊びみたいだ。

楽しさはあるが、やろうかなと思う人は時期を選んだ方がいいと思う。

 

そのあとオススメされたランチのお店に向かった。

が、オススメされすぎてちょっと反抗心が芽生えてしまい(何故なのか…)、その隣にあったカレーのお店に入った。

 

午後はキノコ狩りをした。

私は毒キノコしか見つけられなかったけれど、楽しかった。

ラフティングよりキノコ狩りの方が好きだということがわかった。

 

経験してみたら、何が一番好きなのか、多少はわかってくる。

でももう一度、を考えた時には大概条件が違うので、やっぱりなんとも言えなくなってきて、結局はその時の気分でやりたいことをすることになるのだと思う。

 

そういうことだな。

おやすみ。

旅行記②

昨夜、宿の大浴場で女性2人組が話していた。

「足の小指の爪が短すぎてネイルできないんだよね〜」

「え〜皮膚まで塗っちゃえば盛れるからいけるよ」

 

ネイルは爪だけでなく皮膚まで塗ってもいいらしい。知らなかった。

もし試す機会があったらそうしようと思う。

更に続ける。

「毛、剃ってるけど、産毛が残ってる子いるじゃん。あれはちょっとね、甘いなって感じ」

「わかる〜。面倒だけどね」

 

産毛どころか何も剃っていなくて、なんとなく大変申し訳なくなった。それを悟られないように小さくなってシャワーを浴びる私であった。

女の子は大変なのだな。平和である。

 

さて今日のことを書こう。

 

今日は会いたかった人に会えた。

自転車で縦断中にお世話になった人である。

とてもお世話になったので「また来ますね」と約束をしていた。

ちゃんと約束を果たすことができた。

 

結構偉い方で、その街の今後の方向性の話をしてくれて、あ〜〜世界だなぁ〜と思った(雑)。

その人に連れて行ってもらった定食屋でハンバーグ定食を頼むと、刺身とウニとご飯が運ばれてきた。

これは刺身定食だな?まぁいいか。

と思って食べていたら、後からハンバーグも運ばれてきた。

「ウニいくら丼」とかに乗っているのと同じくらいの量のウニを食べた。しかしこれはあくまで付け合わせなのである。

少食なので、正直付け合わせだけでお腹いっぱいだ。

800円だった(ごちそうになってしまったので払ってない)。

意味がわからん、これが北海道なのか、って感じだった(たぶんこれは普通ではない)。

 

そんなわけで、そのうち会社を辞めてこの街に引っ越してもいいかなと思った(おいおい)。

 

昼すぎからは、酒を飲んで酔っ払いながら電車に乗った。

その土地で作られている330mlの林檎のお酒を買ったのだけど、ラベルをよく見たら8%だった。

まだ半分も飲めていないが、もうすでにどうしようもない感じになってきた。

 

はにゃにゃふわ〜〜〜

今日も平和だなぁ。